当サイトへの訪問、ありがとうございます。何かのヒントにでもなれれば、うれしいです。(^_-)-☆

AVCHD 2.0規格が策定されました(2011年7月に)

AVCHD 2.0規格が策定されました。

これによって、

3D映像やプログレッシブ映像のブルーレイディスク記録が可能となります。

ハイビジョンビデオカメラ規格である「AVCHD」規格を策定している「AVCHD Format Co-Promoters」は、

2011年7月1日、AVCHDフォーマットのバージョン2.0を発表しました。

2.0では、3D映像の記録が規格化され、更に

1080/60p(フルHD、毎秒60フレーム)、

1080/50p(フルHD、毎秒50フレーム)でのプログレッシブ映像の記録にも対応しています。

上記のフォーマットは、新たに「AVCHD 3D」、

「AVCHD Progressive」としてロゴ化されることとなりました。

ハイビジョンビデオカメラでは、

各メーカーが プログレッシブどの映像記録に対応するモデルを販売していて、

日本ビクターの「Everio GS-TD1」、

ソニー「ハイビジョンハンディカム HDR-TD10」は、フルHDの3D映像記録に対応しています。

これらのフォーマットで撮影した映像は、

これまで独自フォーマットの形となっていて、

HDDやBDメディアに記録していました。

それが今回 AVCHD 2.0の策定によって、

他社との互換性を持たせる形での3D映像やプログレッシブ映像の記録が可能になりました。

家電メーカー各社が販売するブルーレイHDDレコーダーの多くには、

ビデオカメラ映像の取り込み機能が備えられています。

今後はこれらのモデルにも、

フルHD 3D映像やプログレッシブ映像の取り込み・編集機能が搭載されることでしょう。

—————

○○