当サイトへの訪問、ありがとうございます。何かのヒントにでもなれれば、うれしいです。(^_-)-☆

ブルーレイレコーダーの選び方→レグザブルーレイの魅力を思う

ブルーレイメーカーとしては、後発組の東芝・・
あのHDDDVDを主導してきたメーカーですが、ブルーレイ陣営に敗れたかたちです。
が、ブルーレイを発売してからというもの、マニアからは一目置かれる機種に仕上がっています。

その一番の魅力は、録画にあり、その録画をする際また、録画後の編集機能については、
他社の追陣を許さないほどです。
ただ、この高度な編集機能も、使わない人にはかえって使いにくくしている機能なので、
ただ録画して見たら消すといった、至極単純な機能しか使わない場合は、
あえて他社を選択するのもアリと感じます。

☆レグザブルーレイの魅力☆
録画容量を後から追加できる
(USBハードディスクを増設するだけです。今のところこの機能は東芝だけです)
2番組同時に長時間録画できる (W録のパイオニア的メーカーです)
③思い出の映像もキレイに残せる (超解像技術のなせる技です)

詳細
①録画容量を後から追加できる
外付けUSBハードディスク対応なので、市販のUSBハードディスクをつないで、
手軽に録画容量を増やすことが可能です。
内蔵ハードディスクがいっぱいになっても、録画番組を削除する必要がありません。

②2番組同時に長時間録画できる
フルハイビジョン長時間W録ができるので、2つの番組を同時に、
しかも両方とも長時間録画モードで録ることができます。
どちらか片方の番組をあきらめることなく、どんどん録画して楽しめます。

③思い出の映像もキレイに残せる
AVCHDカメラ取り込みができ、ハイビジョンビデオカメラの映像を内蔵ハードディスクに取り込むことが可能です。
大切な思い出を、ハイビジョン画質のままブルーレイディスクに残せます。

———————————————-

~ブルーレイレコーダーの選び方について、日々の営業活動から感じること ~

ブルーレイレコーダーの選び方ってどうしたらいいの?って質問を時々されます。
選び方とは言っても、何をよりどころにしたらいいのでしょうか?

ブルーレイレコーダー…
性能がどの程度か,
使用コストはどうなのか,
使用感覚も大切ですね。
少し考えただけでも、とにかく様々なものがありますね。
選び方についての捉え方が大切になるのではと思います。

ブルーレイレコーダーの選び方を
、商品の性格と使用場面について思い起こしてみると、
下記のようになりますね。

選び方を考える上での比較項目・・
家電メーカー、
性能,
安全性 ・・他。
このように、簡単に思えるようなことですが、
考えるべき事柄がとても多いのに気づかされます。

ブルーレイレコーダーを選ぶということは、
比較し検討して、一つの結論を出すことですから、誰が行うのかも大切なことでしょう。
自分自身で考え、たくさんの選択肢の中から、
一台を選べるなら、また一つ楽しみが増えたも同然ですね。

ですが、用語自体が専門的で、造語も多く、解りにくいのは事実ですね。
そんな時は、販売員なり、誰かに聞くのが一般的ですが、
その意見は、あなたが何を考えているかを十分汲み取ってのアドバイスとは限りません。
ここで、基本的な知識を持ち合わせていたら、
一味違ったアドバイスになることでしょう。

ワンポイント知識として紹介しますので、少しでも役に立てば嬉しいです。