当サイトへの訪問、ありがとうございます。何かのヒントにでもなれれば、うれしいです。(^_-)-☆

ブルーレイディスクレコーダーの録画容量を増やす

ブルーレイレコーダー→選び方→録画容量が増やせるって?

最近のレコーダー市場では、
殆どが、ブルーレイレコーダーになってしまいましたね。

放送番組が、ハイビジョン化し、
録画に費やす容量が
どんどん増えている中ですから、
わかる気がするのですが、
皆さんそんなにブルーレイディスクに保存しているのでしょうか?

かなりの割合で、録画する→見たら消す!
では ないでしょうか?

そこで、何が重要かというと、
内蔵ハードディスクの容量ではないでしょうか?
とくに、一台のレコーダーを、
何人かの家族で使う場合などは、なお更ですね。

でも、そんな場合でも、
レコーダーによっては、
後から ハードディスクを増やせるのですよ。

そうです、
USBハードディスクを何台もですよ!何台も。
最大8台まで、増やせます
(登録可能ということです。
同時接続はできませんので、ご注意を!)

でも、これってすごいと思いませんか?

ライブラリーごとにハードディスクを分けてもいいし、
家族ごとに分けて使っても いいですね。

他の誰かに、間違って 大切な録画番組を消されてしまった・・
なんて事は、間違っても起こりませんよ。

あっと、
ハードディスクが増やせる機種のご紹介が遅れていました。
機種は、東芝から発売されている物になります。

最新型の機種をあげておきます。
なお、発売は 2011年5月の予定です。
仕様が更に強化され、楽しみです。

RD-BZ810
RD-BZ710
RD-BR610
私のお奨めは、RD-BZ710ですね。
 内臓ハードディスク容量が、
 RD-BZ810の半分で500GBですが、
 USBハードディスクを増設すれば、なんら変わりません。
 
あなたの大切な録画番組・・
まだ別の人と同じハードディスクに
保存しておきますか?

 ブルーレイディスクレコーダーの録画容量を増やす  »