当サイトへの訪問、ありがとうございます。何かのヒントにでもなれれば、うれしいです。(^_-)-☆

チャンネルリパック~デジタル放送用周波数再編~について

チャンネルリパック
   ~デジタル放送用周波数再編~について

アナログ放送が、先日(7月24日)
東日本大震災被災地域の一部を除き、
終了しましたね。

皆さん、
終了の瞬間はご覧になったでしょうか?

また、長年愛用したテレビやレコーダーを、
残念な思いで、処分された方も多いことでしょう。

さて、今日の本題ですが、
まずは下記をご覧ください。
—————————-
将来の周波数資源の再配分のため、
2012年7月25日以降のデジタル放送は
13ch~52chのみを
使用することとなっていることから、
53ch~62chのチャンネルを
使用するデジタル放送の中継局は、
2011年7月のアナログ放送停波後、
1年の間(2011年7月25日から2012年7月24日)に
一斉に52ch以下にチャンネル切替を
実施することとなっています。
—————————-

この文は、デジサポ という、
政府が運営しているサイトでの案内です。

何のことかわかりにくいと思います。

そこで簡単にかみ砕いて見ますと・・・

(チャンネルリパック~
    デジタル放送用周波数再編~の概要)

・アナログ停波の後に行われる
         周波数の変更のことです。
   理由は、
   将来的な周波数の有効活用のためと、
   受信障害を解消するためです。

・行われる日時は・・
   地域によって日程は、まちまちです。
   早い地域で9月頃から開始予定です。

・受信への影響は・・
   周波数が切り替わっても、
   お使いのデジタル受信機
   (デジタルテレビ、デジタルチューナー、
      デジタルチューナー内蔵の録画機など)は   
  そのまま使用できますが、

   チャンネルの設定を変更
   (これを“再スキャン”といいます。)する必要があります。

   なお、デジタル受信機の一部については、
   特別な操作をしなくても自動的に
   チャンネル設定変更に対応する機種もあります。

   
・・つまり、今のままでは、
  映らなくなる地域があるということです。

   ここでは、対象地区とか日程をかけませんが、
   現時点では、
   皆さんにおいては、
   こういった理由で、映らくなることがあるといったことを
   覚えておけば、
   映らなくなったときに対処すれば良いと思います。

   対処方法は、  
   お使いの機器(テレビやレコーダー)のチャンネルの
   再スキャンをすれば良いです。

   やり方は、取扱説明書に書いてあります。

でも、対象地区の方々には、
事前の説明と対処方法をしっかり伝えてほしいですね。